インターネットによるネット通販

西暦2000年以後は、それまでに電話やFAXでも注文方法に加えて、パソコンによるインターネット経由の通信販売が徐々に増えていきました。

ただ、インターネットによる通信販売は、パソコンを使える人向けのネット通販だったので、若者や技術者がお客様になる程度で、当初はそれほど多くありませんでした。

しかし、その頃にインターネット通販の拡大を見越して起業したのが楽天市場です。

当初は、インターネットによる通信販売がメジャーではなかったので、テナントとして入ってくださる店舗は10店舗程度からのスタートだったようで、なかなかテナントが集まらずにかなり苦労したようです。