ショールーミング

ネット通販が発達し、実店舗がある会社も同時にネット通販を手がけるのが一般的になっています。

実店舗よりも価格を下げて販売したり、ネット決済して実店舗へ受け取りに行ったり、実店舗に物がなくても通販扱いで後日配送されるということもあります。

また、スマートフォンアプリで、価格調査のアプリがあり、実店舗でバーコードをスキャニングして価格調査を行い、ネットの方が安ければ、実店舗では買わずにネットで購入するということができます。

実際、私はそのような購入行動が増えました。

実店舗では、実物を見て触って、店員さんから説明を受けて、購入のみネット通販を使います。

そのような購入行動をショールーミングと言うそうです。

ネット通販と同じか価格にしてくれるように価格交渉をすることもありますが、ほとんどの場合は価格交渉に応じてもらえないので、価格交渉はジャブ程度にするだけで、急がないものはその後ネット通販で購入します。

これも時代の流れですね。

いろいろな物が売られています

ネット通販では、想像を超える様々なものが販売されています。

コンサートチケットを購入額の数十倍の高値で売ったり、自宅にある中古品を売りに出したりもできます。

これは、フリーマーケットのようにも見えますし、コンサートチケットなどはダフ屋行為にも似ています。

この他、月の土地を販売している会社もあります。

月って誰の持ち物?と思いますが、ちゃんと商売として成り立っているようです。

最近では、不動産や自動車など高額商品もネット通販で取り扱われています。

どこまでネット決済できるのか分かりませんが、個人的には10万円程度の手付金や頭金ならネット決済しても良いようにも思います。

今後もネット通販は進化を遂げ、想像もつかない驚くようなものが販売されることもあるでしょう。

ネットで個人輸入

インターネットで買い物ができるというのは、更に便利で、ネット通販で個人輸入もできてしまいます。

というのは、海外の会社が日本人向けに日本語サイトを作ってくれていれば、そのサイトへアクセスすることで、その会社のある現地から輸入ができてしまうことになります。

私も、日本で販売されていない健康食品やヘアケア商品などを日本人向けの海外サイトから購入しています。

これは、通常の通販と変わらない行動ですが、厳密に言えば個人輸入なんですね。

海外から発送されるので、物が手元に届くまでに1週間~10日程度かかりますが、それほど気になりません。

物や値段によっては受取時に関税がかかったりするものもありますが、非常に簡単に購入できますし、国内での通販と変わらない形でクレジットカード決済もできるのでとても便利です。

決済方法

皆さんは、通信販売の決済は、どうのようにしていますか?

銀行振込、クレジットカード、デビットカード、受取時に代金引換など様々な決済方法がありますね。

ショッピングモールによっては、そのモールでしか使えないポイントで代金の一部または全部を支払いができるケースがあります。

ポイント払いは非常に便利ですので、そのモールでの利用を増やしたり、他で買っているものをそのモールで買うように統一したいという気持ちになりますね。

しかし、支払いの際、使えるポイントがあるのにポイントを使って支払うことを忘れて全額クレジット払いになったり失敗したこともしばしば。

また、クレジットカードで支払うと、クレジットカード側でもポイントが付き、ちょっとお得な感じがします。

でも、クレジットカードは、自己管理しておかないと、ついつい多くお買い物ををしてしまうので注意が必要です。